StreetChic > Interviews > DRIFT > 親からドリフトを教えてなんて言われる事ないじゃないですか、教えるのも楽しいんですよ

親からドリフトを教えてなんて言われる事ないじゃないですか、教えるのも楽しいんですよ

s15 シルビア

ゲームの世界から実車の世界へ

ドリフトをやってみたくなったキッカケと言うのは様々あると思う。Akiraさんの場合はゲーム「グランツーリスモ」でドリフトの世界を知り、そこでドリフトの楽しさを知って本格的に実車へ移行した。

「今だからこそあり得る始め方」をしたAkiraさんの愛車は、鮮やかなグリーンで街中で見かけたら車好きな人はまじまじと見てしまうS15シルビア。
s15 シルビア

s15 シルビア

ドリフトを実際にやってみた時の気持ち

最初は定常円や八の字などの基礎を、知り合いの車屋の方々と練習してサーキット三回目でコースを走れるようになったらしい。

「実車とゲームの違い」と言う物は色々あって、ステアリングやシートなど現実に体に受ける感覚がまさにそれにあたる。
Akiraさんの場合は、そんな感覚もナチュラルに受け入れたせいか「違和感もなくスッと感覚で走れました」と語る。
s15 シルビア

s15 シルビア

しかし、感覚だけに頼った走りではすぐに限界を迎える。Akiraさんも例外ではなく、走りの師匠から「基礎練習をやり直せ」と言われ一年ほど基礎練習をやっていた。そのおかげで今では上級で走れる実力が身についた。

仲間やチームがあるからできること

Akiraさんの活動の源は、車を触る仲間だったり一緒に走るチームだろう。
「ミッドナイドローズ」に所属しているが、彼曰く「憧れていたところに所属できた」と言うのは大きな原動力の一つ。

akira

家族と楽しむモータースポーツ

彼の家族はモータースポーツに寛容で、父親がS14後期フェイスのS15シルビアを所有しAkiraさんと一緒に走行会に参加してる。

「車を楽しむ為の環境作り」と言うのは、車好きに置いて重要なファクターだと思う。

家族と楽しさや面白さを分かち合えると言うのは、凄く羨ましく思える環境だ。勿論、度合いは人それぞれだが、お互いが刺激しあい技術の成長や意見の交換などできる環境はまさに「理想」なのではないのだろうか。
s15 シルビア

s15 シルビア

s15 シルビア

さりげない演出を心がけたい

「エアロなど外装はそれほど重視してない。どちらかと言えば盆栽感を出してる」と言うが全体的に見てもバランスが良く感じてしまった。
フロントバンパーは父親のシルビアに付いていた物を装着。フロントフェンダーは無名品、リアフェンダーはGコーポレーション。

ホイールはワークのエモーションXT7で前後9J。フロントにはワイトレが30mm入っている。タイヤはF215/45/17でR235/45/17だ。

エンジンはタービンがS15純正にブーストアップ、HPIのインタークーラーで現在はライトな仕様になっているが今後タービン交換などでパワーアップを図る予定らしい。

補強関係はタワーバーとリアピラーバーでストップ。本人曰く「パッと見ドリ車に見えない仕様にしたい」と言うことからロールバーも入ってない。
s15 シルビア

s15 シルビア

そして見えてきた新境地

今は選手として走るよりも教えるほうが面白いそうで、自分よりも一回りも二回りも年齢が上な人が「どうやるの?ここでどうしたらいいの?」と聞かれて、「こうやる。この場合はこうするんですよ」とアドバイスをする。

すると、出来るようになって戻ってきて、教えた人に「面白いね~!」「楽しいね!」「ありがとう」と言葉をかけてもらえるのが今の楽しみだと語る。

「どんな世界も上下関係って厳しいじゃないですか?ドリフトもそうです。上手い人についていく。じゃあ自分が上手くなればいい話。仕事でもそうですよね?仕事できる人に自然と人が集まって付いてきてくれれば、最高じゃないですか。」

今後の活動は、ドリフトマッスルへ選手としての挑戦と監督とスポッターとしてチーム運営に携わると語っていた。
akira

s15 シルビア

そして会話の中でこんな事も言っていた。
「家族で走行会へ参加しているときにも父親にどうしたらいいのか聞かれる事もあるんですよ。親に勝てる、教えるなんて滅多にないじゃないですか?そういう時に教えるのが凄く楽しいです。」

Share this Article
This article has been shared on Facebook 14 times.
アームロッカーズのバナー

Comments