カテゴリー: Stance
  • [後編] 惡帝180sxのパイプフレームへの批判と賞賛、シャコタン、ワンハンドDRIFT。素人工房細谷商店の次なるマシンはフルパイプ&チャネリング??いったいどこまで行くのか

    [後編] 惡帝180sxのパイプフレームへの批判と賞賛...

    2017年11月9日 Stance 505
    流れていく、SNSやメディアでは伝えきれない事も多い。 2号機がスピンオフし、その意図がはっきりとした所で、日本のカスタムシーンにおいて、インフルエンサーとなっている細ちん氏の過去と、これまでの...
  • [前編] プライベーター界のアイコン、細ちん氏がストシクに降臨!!スピンオフマシンの2号機はフルgktech、シャコタン、切れ角70度のストリート仕様!!

    [前編] プライベーター界のアイコン、細ちん氏がス...

    2017年11月8日 Stance 652
    これほどワクワクさせてくれる人物は少ないであろう。メディアやネット、国内外を問わず、彼の造ったマシンとファンキーなキャラクターは、多くの人の目にとまっている事と思う。 今回は、あの惡帝(180sx)...
  • S13シルビアQ’Sの中身は、パイプフレーム、ワイヤータック、フルタービン。ストリート仕様がレース、カーショウ専用マシンになった訳とは?

    S13シルビアQ’Sの中身は、パイプフレーム、ワイヤ...

    2017年9月11日 Stance 516
    Hさんとの取材は長期に渡った。彼はプライベーターでエンジンからボディメイクまで、ほとんど自分でやってしまう。今回は、ストリート仕様のシルビアS13のQ'Sがパイプフレーム、ワイヤータックなどのサーキット...
  • 置けて走れるクルマ造り、いくつも回り道をしてこの仕様に辿り着いたs14シルビア後期

    置けて走れるクルマ造り、いくつも回り道をしてこ...

    2017年4月29日 Stance 113
    カスタムと一言で言っても実に様々である。「何を求めるか」によって方向性やオーナーの思考は異なる。Sさんは、自分の理想、そして仲間の影響からようやく自分の“イズム”を見つけた。 以前はサーキットへ行...
  • 90’sに受けたあの衝撃、当時やりたくてもできなかった、そこが今でも原点

    90'sに受けたあの衝撃、当時やりたくてもできなか...

    2017年3月10日 Stance 132
    180sxを5台乗り継ぎ、3台は廃車したというHIROさんは根っからの「走り屋」なのかもしれない。 現在はサーキットでの走行会がメインなものの、頭文字Dにも登場する某峠の近くに住み、昔は峠を相当走り込んで...