StreetChic > Interviews > Lowlife > ドンガラから仕上げた極上車32GTR!!必見の純正ライクなボディメイク、オークションでの失敗談、35Rとの違いとは!?

ドンガラから仕上げた極上車32GTR!!必見の純正ライクなボディメイク、オークションでの失敗談、35Rとの違いとは!?

2018年2月6日 Category: Lowlife Tags: , , ,

ドンガラから造った32GTR、極上車
ストリートシックを読んでいる方に、32GTRの説明はもはや無粋というもの。このクルマが持つステータスと、発売当時与えたインパクトは未だに色あせていない。その事についても同意を得る必要はないだろう。

発売から時が経ち「まともな車両は少ない」と言われる32GTRだが、Kさんの所有するGTRは、新車並みの品質を保っている。
ドンガラから造った32GTR、極上車

転がっていたボディ

初見は「とにかく綺麗」。どうやって維持してきたのか不思議だったのだが、聞くと群馬にあるオートハウスソリッドにて“ドンガラ”から造った車両らしい。

「買ってきたっていうかね、あの、ソリッドにドンガラのボディがあったんで、それを買って全部治してもらって組み込んでもらった感じです。ショップ自体がGTR屋さんなんで、GTRのパーツがたくさんあるんですよ」

当初は、低予算で遊べるクルマを造る予定だったそうだが、完成するに従って、エンジンも、車体も綺麗にと思っているうちに、このような極上車になってしまったそうだ。

製作期間は約1年、ドンガラからの製作の為、通常では難しい所の補強も出来てよかったとの事。
ドンガラから造った32GTR、極上車

ドンガラから造った32GTR、極上車

ドンガラから造った32GTR、極上車

ドンガラから造った32GTR、極上車

純正ライクなボディメイク

シンプルメイクが好きなKさんのGTRは、フェンダーの造り込みに特徴があるように思う。ショーリンのフロントフェンダー、サイドステップ、サイドアンダーボード、リアフェンダーはクロスファクトリー。

これらを純正ドアに合わせて、プレスラインを維持しつつ、可能な限り自然なラインでスムージングされている。
ドンガラから造った32GTR、極上車

ドンガラから造った32GTR、極上車
加えて純正バンパーに、ソリッドのオリジナル商品であるオイルクーラーダクトを組み込み、アブフラッグのフロントディフューザーを付け、32GTRが持つ、元々のシルエットをなるべく崩さないようにしている。

その他、フロント周りは角目のN1ヘッドライトに、VARISのカーボンボンネット。
ドンガラから造った32GTR、極上車

ドンガラから造った32GTR、極上車

リア周りはトップシークレットのリアディフューザー、VOLTEXのGTウイング。GTウイングの端には、ダウンフォースを増大させるガーニーフラップも装着している。

ドンガラから造った32GTR、極上車

ドンガラから造った32GTR、極上車

ガーニーフラップは、先日惜しくもこの世を去ってしまったダン・ガーニー氏が開発したL型の小さなエアロパーツで、ゴムなどの材質でも効果があるという。最近では、メーカーのオプションパーツとしても用意されている車両もあるようなので、実用的なパーツと言える。

ドンガラから造った32GTR、極上車

「走るコースに合わせて取り外し」のような愉しみ方もできるので、興味のある方は造ってみてはいかがだろうか?

足元

話は変わるが、先日欧州車のオーナーと「サーキットでタイムを詰めるには次は何しようかな」という会話をしていて「そういえば、最近は欧州車でもRAYS履いてる人が多いですよね」という話になった。

鍛造で軽くて丈夫。求めやすい価格でデザインについても申し分ないRAYSのホイールは、タイムを削るサーキットユースにとってマストに近いアイテムになってきている。

本マシンもTE37SLの11J+18の通しで、タイヤは295/30/18のアドバン、ネオバを履かせている。定番といえば定番なのだが、車体のトゥルーレッドとマッチングは最高ではないだろうか?

ドンガラから造った32GTR、極上車

ドンガラから造った32GTR、極上車

ドンガラから造った32GTR、極上車
但し、Kさん曰く「11Jでタイヤが295ということがあり、ハンドルがあまり切れない」と改善箇所でもあるそうだ。

オークションでの失敗

足回りについては、イケアフォーミュラーとクスコのアームにレーシングギアの車高調をセット。

ブレーキはフロントがAPでリアがブレンボ。これには理由があるそうだ。

「オークションでAPの前後セットを買ったんです。そしたら実は、リアがインプレッサのフロント用4ポッドらしくって、ものすごく効いちゃって。で、普通に乗っててドライでもリアがロックしちゃって。流石に怖いんでリアだけ交換して。んーと、これはロータスのブレンボの2ポッドですね」
ドンガラから造った32GTR、極上車
最近、本当によく聞く話だが、オークションでパーツを購入して失敗する人が多いように思う。これを読んで思い当たる節がある人もいるであろう。

オークションは、当たり外れがあるので重要なパーツは避けたほうが無難かもしれない。特に中古は注意が必要だ。

シンプルな室内

室内は至ってシンプル。セーフティー21の7点式ロールケージに、クスコの追加サイドバーがセットされている程度で、あとはブリッドのジータⅢが2脚とブリッツのブーコンが見えるくらい。

「室内はね、これと言って何もないんです、これはシンプルな感じで。あえて言うなら曲がって貼ってあるソリッドのステッカーくらいですかね(笑)あ、それは言わなくていいか。しいて言うなら、ダッシュボードにカーボンカバーかぶしてあるんですよ。カーボンだと光るから艶消し塗ってもらったんです」
ドンガラから造った32GTR、極上車

ドンガラから造った32GTR、極上車
同意してもらえるか分からないが、GTRは何故か室内はシンプルな方が良い。元々のデザインが完成されていて、追加メーターなどが入る余地がないように思えるからであろうか。

実は、室内より気になった所がある。ドア内やヒンジ部分。高年式になるとこの部分が汚れていたりサビが浮いてくるものだが、このGTRに関しては汚れひとつない。乗り降りするのに非常に気を使った。
ドンガラから造った32GTR、極上車

エンジンルーム

Kさん曰く「めちゃくちゃ重いけど、オートセレクトのタワーバーがお気に入り」との事だが、エンジンスペックも凄い。

N1ピストン、TOMEIカム、メタルガスケット、スプロケ、ナプレックのハイレスポンスキット、ニスモの強化タイミングベルト。

給排気系はK&Nエアクリ、トラストの3層インタークーラー、セトラブのオイルクーラー、タバタのラジエター。TOMEIチタンマフラー。

燃料系は、ニスモの燃ポン、TOMEIのデリバリーパイプ、レギュレーター、サードの800ccインジェクター。

これにGReddyのT78-33D(17cm)タービン、金プロのセットと豪華なラインナップである。馬力的にはどの程度出ているのであろうか?
ドンガラから造った32GTR、極上車

ドンガラから造った32GTR、極上車

ドンガラから造った32GTR、極上車

ドンガラから造った32GTR、極上車

ドンガラから造った32GTR、極上車

ドンガラから造った32GTR、極上車

「目標600目指しましょう仕様です。セッティング次第ですかね、たぶん詰めちゃえば出るんでしょうけど、たぶん500から550とかかな。まだ慣らしの段階なんで」

できたてホヤホヤと思いきや「ホヤホヤの前に乗らなくなっちゃって(笑)ハハハ」」との事。

現在は大切に車庫に保管されており、仲間内でも滅多に見れない車両らしい。今回は取材の為に、色々調整して出してきてくれたそうだ。

確かに、ここまで綺麗なGTRであれば、筆者ならサランラップを巻いて保管してしまいそうだ。
ドンガラから造った32GTR、極上車
エンジン製作に関しては「レスポンス重視と言うわけではなく、とにかく馬力でしょ」と大きめのT78タービンをチョイス。

初めて乗った時の印象は「低速の無さには驚きましたが、馬力的にはノーマル35Rよりは出ているハズなので楽しい車に仕上がりました」と話す。

32GTRに対する想い

スカイラインマニアと呼ぶべきかGTRマニアなのか、どちらにせよ、Kさんは本車両に“ぞっこん”との事。
ドンガラから造った32GTR、極上車
しかし、チャンスがあれば34も手に入れたいと話していた。

35のGTRも所有するKさん。比べるようなものではないが、性能面では進化した35が勝っているであろう。では、何故旧シリーズを追い求めるのであろうか?

「35Rと比べ、とにかく小さくて軽いしパワフルなので、乗っていて凄く楽しい車に仕上がってます。あと、最近の車と違い、まだアナログ的なところも残っており、やはり弄る楽しさが第2世代のGTRには残っているところです」
ドンガラから造った32GTR、極上車
「弄れば弄っただけ応えてくれる。本当に良い車です。勿論、この先もずっと所有していきます」

Share this Article
This article has been shared on Facebook 319 times.
ストリートシックのショップ