StreetChic > Tips > History > スバルのラリーの歴史「ラリーのスバル」と呼ばれるまで

スバルのラリーの歴史「ラリーのスバル」と呼ばれるまで

2017年3月15日 Category: History Tags: , ,

ラリーの歴史
スバルのインプレッサがWRCで活躍する勇姿は、まだ記憶に新しいですが、スバルが世界的なラリーに挑戦し始めたのは古く、1970年からだといわれています。

スバルのラリーの歴史について紹介します。

スバルff-1 1300G スポーツセダンでバハ500に挑戦

1970年、スバルはスバルff-1 1300G スポーツセダンで世界的なラリー・バハ500に挑戦。

バハ500は、メキシコで行われるラリーで、スバル・ff-1 1300Gはクラスで3位、総合で20位に輝きました。

インプレッサ
出典元:Wikipedia: スバルff-1 1300G

砂漠地帯を疾走するこのレースでのスバルff-1 1300G スポーツセダンの活躍によって、スバルが世界のラリーに通用すると知らしめました。

スバル・ff-1 1300Gは、スバル・1000のプラットフォームを引き継ぎ、スバル・ff-1のエンジンをボアアップし、出力は80PS、トルクは10.1kg-m。
スポーツセダンに搭載されたエンジンは、出力は93PS、トルクは10.5kg-m。
サスペンションは、フロントはダブルウィッシュボーン、リヤはトレーリングアームを採用しました。

レオーネでサザンクロスラリーに参戦

1972年、スバルはレオーネでサザンクロスラリーに参戦。
スバル・ff-1 1300Gの後継車ともいえるレオーネは、当時FRがレースの主流でしたが、FFでした。
1980年、サファリラリーでスバル・レオーネのスイングバック4WDで出場しましたが、WRCで、初めて登場したAWDカーがレオーネでした。

ラリーの歴史
出典元:Wikipedia: スバル・レオーネ

1984年、フルモデルチェンジした3代目のレオーネをベースにしたラリーカーで、1985年、サファリに出場。このラリーカーでクラス優勝に何度も輝きました。

レガシーをWRCに投入

1988年にレガシーが誕生し、STIとプロドライブが協力してレガシーをベースにしたラリーカーを1990年にWRCに投入。
1993年、コリン・マクレーがドライブするレガシーが、ニュージーランド・ラリーにおいて初優勝しました。

ラリーの歴史
出典元:Wikipedia: スバル・レガシィ

インプレッサで世界の頂点に立つ

1993年、WRC終盤を迎え、1000湖ラリーでインプレッサが満を持してデビュー、アリ・バタネンが2位を獲得する華々しいスタート。
1994年、C.サインツが加入し、アクロポリス・ラリーで優勝、マニュファクチャラーズポイントでも2位を奪取します。

ラリーの歴史
出典元:Wikipedia: スバル・インプレッサ

1995年、5勝を挙げてマニュファクチャラーズとドライバーズのダブルタイトルに輝き、スバルは本格的に参戦してから6年で、世界の頂点に立つことになります。

2008年、世界的な不景気などを理由にスバルはWRCから、2009年末に撤退を表明しましたが、インプレッサはWRCではマニュファクチュアラーズチャンピオンに3度、ドライバーズチャンピオンに3度輝きました。

現在のスバルの人気は、インプレッサのWRCでの活躍による影響もあり、ラリーのスバルを印象付けました。

Share this Article
This article has been shared on Facebook 3 times.
ストリートシックのショッピングサイト