StreetChic > Report > レース > イギリスのドリフトシーンにおいて最高峰のBDC!!Rockingham Motor Speedwayで行われたBritish Drift Championship 2018予選前のレポート

イギリスのドリフトシーンにおいて最高峰のBDC!!Rockingham Motor Speedwayで行われたBritish Drift Championship 2018予選前のレポート

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

「UKドリフト界のホーム」という謳い文句を掲げるだけあり、Rockingham Motor Speedwayは長年UKの草の根ドリフトシーンの聖地として知られ、毎年ここで多くのドリフトイベントが開催されてきた。

BDC2018決勝戦

BTCC、British SuperbikesやBritish GTシリーズといった有名なイベントの開催地でもあるほどの人気サーキットであったが、残念ながら2018年いっぱいで17年という短い歴史に終止符を打つことになっている。

だからこそ、この名高いサーキットの最後となるドリフト競技が、10月に行われたUKドリフトの最高峰、British Drift Championship 2018の決勝戦だったことは、まさに相応しいとしか言いようがなかった。
BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

たいていのドリフトイベントがそうなのだが、比較的早い時間にイベントがスタート。

INVASION

「INVASION」(訳:侵略)と題された今回の決勝ラウンドには国外からも猛者たちが参戦しており、パドックにはこれまでとは一味違った雰囲気が漂っていた。

まず目に留まったのはMitch LarnerのV8 Onevia(上の写真)。彼はオーストラリアからの出場だった。
BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

他に海外からの参加者で注目株だったのが、Formula Dでの活躍で知られるアイルランド人、「D-Mac」ことDarren McNamara、Enjuku Racingの現在のFormula Dラインナップのひとりであるアメリカ人のKevin Lawrence 、そして普段はIrish Drift Championshipで活躍しているアイルランドのConor ShanahanやPeden Neilsenも来ていた。

Pedenの249SXのドアは透明ポリカーボネート板でスケルトン仕様だ。
BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

優勝争い

大会のこれまでのラウンドをすべて制覇してきたDuane Mckeeverは、優勝候補筆頭だ。

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

しかし、Driftworksのドライバー、Martin Richardsもあなどれない存在であり、もしDuaneがトップ16入りを果たさなかった場合には、チャンプの称号が彼に渡る可能性が高い。
BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

だが、運はMartinの味方ではなかった。練習走行の終盤にギアボックスが故障してしまうというトラブルが発生。

時間がないため、Driftworksのピットではチームが猛スピードで作業に取り掛かる。電光石火の早業で、彼らは予選が始まるまでの短い間にギアボックスを交換することに成功した。
BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

静寂

予選が始まる直前のスタートライン地点では、皆が息を呑んでしんと静まる瞬間があるが、すぐにその静寂はレースの開始を待つドライバーたちによってかき消された。

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

複数のSR、RB、JZのエンジン音が鳴り響くなか、ストレートパイプのNASCAR用V8エンジンの個性的な吠えが一際目立っていた。これがDriftworks DW86のコンパクトなAE86ボディに収められているのだから、すごい。

オーストラリアからの刺客

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

BDC2018のレポート!!UKのドリフトシーン

予選の開始を待つオーストラリアからの刺客、Mitch Larner。彼のマシンを彩る緑色は、圭オフィスのS15を彷彿させる。

次回は選手達のマシンチェックと本戦のレポートをお伝えします。

Share this Article
This article has been shared on Facebook 30 times.
Garegemak