StreetChic > Interviews > Euro > S15タービン搭載のE36!!DIYで仕上げた必見のフェンダー!!E36を3台所有するオーナーから聞くBMWのカスタムメイク!!お金をかけない流用、節約術!!

S15タービン搭載のE36!!DIYで仕上げた必見のフェンダー!!E36を3台所有するオーナーから聞くBMWのカスタムメイク!!お金をかけない流用、節約術!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

国産のスポーツカーが減少する中、注目されはじめたBMWのEシリーズ。中でもAE86と比較される程、走りの象徴されるE36だが、オーナーのロイネーさんもどっぷりとE36にハマった一人のようだ。

3台所有

ロイネーさんは、318isターボ、318is、325iコンバーチブルとE36を3台所有している。
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

BMWというと高級車、あるいは富裕層のステータスと思われがちだが、Eシリーズにおいてその認識は安易である。

確かに昔はヨーロピアンテイストを意識するオーナーが多く、車両価格やアフターパーツも高価であったかもしれないが、最近は国産のホイール、エアロを装着する事も多く、ロイネーさんのようにショウカーや走りのベース車としても所有する人が増えてきている。

そこにはドイツ車の優れた剛性やメンテナンス性など、数々の特典が付いてくるのも嬉しい。

ドリ車からの乗り換え

ロイネーさんは、元々ドリフトにハマっていた人物で、日産を乗り継ぎ、このクルマに出会って衝撃を受ける。
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

そんな経緯を聞くと、本車両のあちらこちらに、その名残りが見えてくる。特にKFを履いているあたりは、走り好きな人ならピンとくるだろう。

ただ、他の2台については、まったく別のアプローチにしており、ユーロ車オンリーのイベントにも持っていけるような仕上がりだそうだ。

ボルトオンターボ

関東の36乗りの間でもロイネーさんの車両を知っている人は多いかもしれない。何故ならボルシェ純正リビエラブルーにオールペンされた目立つ外装だけでなく、ボルトオンターボ仕様だからだ。
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

「実はなんですけど、これ前のオーナーがターボ化してくれたんですよ。だから正直ほとんどやってないって言ったら変ですけど、ノーマルのisもう一台あるって言ってたじゃないですか。そのis買った時に36がすごくいい車だなって思って、また36のM3でも買おうかなと思ったんですよ」

「そしたら、その時にたまたま知り合いがisをターボにしてると。で、それを売りたいって言うんで、乗せてもらいに行ったらM3より速くて(笑)。46のM3に勝てるかなってくらいパワーが出てて。埼玉で有名なJUN AUTOメカニックでずっとやってたみたいで」
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ショップできっちりとセッティングを出して、メンテナンスされていた車両だったそうで、購入時はボルトオン化してからほとんど走ってなかったそうだ。

そんな極上車を100万弱で購入している。

フェンダー

さて、色々な工夫が詰まった本車両だがフェンダーから紹介したい。
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

「フロントはちょっと叩いてあるぐらいで、リアはN-STYLE CUSTOMのフェンダーを付けてパテ埋めしてる感じですね。出幅は多分5センチくらい?いや7センチかな?(笑)切り上げてアーチ上げして、パネルボンドで付けて、そこからパテ盛りです」

ベースがあるとはいえ、手作業でDIYにしたとは思えない仕上がりだ。特にリアバンパーへの収め方も独創的である。
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

「バンパーよく見ると若干割れが入ってるし、FRPで盛ったりしちゃったんで下地が出てきちゃってるんですね」

E36は純正でリアバンパーが高く、リアフェンダーがフロントに対して下がっており、個人的にはこのスタイリングは好みが分かれるように思う。

「そうですね、そこは気にしてリアのアーチの高さを考えてやりました。純正だとリアが5センチくらい?下なんですよね。だから下げていくと、おのずとリアが被ってしまうので、前後一緒になるくらいにしてます」
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ダミーモール

リアバンパーの処理について教えてもらった。

「リアバンパーのラインは元々ないラインなんで、付け足して。E36バンパーにE92か何かのバンパーをちょっと切って継ぎ足して。で、できる限りフェンダーの耳をだして。やっぱBMって耳が大事じゃないですか?元はあまり耳がなかったフェンダーなんですけど、パテ盛りと研ぎで限界まで出してます」
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ここまでリアフェンダーを出すと、ドアパネルから続くモールやリアバンパーのモールは切ってしまっているのだろうか?
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

「マニアックな話すると、フロントはやっぱり切ってるんですよね。で、リアバンパーはFRPなんで、モールが偽物なんですよね」

偽物のモールというキーワードが理解できずに、どういう事なのかさらに聞いてみた。

「全部FRPなんで。色塗ってモールっぽくしてるっていうだけで、、、色塗り分けです(笑)なので、リアだけ色失敗してるんですよ、艶ちょっと出しすぎちゃって(笑)若干リアだけ艶ありの黒になってるんですよ」

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

なるほどである。サイドは純正のモール、リアだけ塗り分けしてモールに見えるようにカモフラージュしているそうだ。簡単なアイデアだが、カメラマン一同言われてはじめて気がついた。

ロイネーさんは本職ではなく、本当に趣味のDIYERのようだが、こうした節約術に長けているように思う。
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

足元

足元はD2RACINGの車高調とロアアームにワークのVSKF。フロント:9.5j+30の17インチ。リア:11.5j+15の18インチ。

節約術について、付け加えるとするとホイールのリムもそうだ。

「これラッピングなんですね、少しだけラッピングの技術もってまして、シールだけこういうデザインにしてってお願いして。今はデジタルカモフラなんですけど、その前は金魚だったんですよ(笑)金魚が泳いでる感じで。ちょっとジャパニーズっぽくしようと思って」
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

このリムのラッピングだが、見た所ブレーキダストで汚れる事もなく、曲面やつなぎ目も自然に見える。見た目の印象もかなり変わるので、ベースが中古のホイールでも良いのだろう。塗装費を考えると、コストパフォーマンスに優れているのは間違いない。

その他、BMWは純正でアーム類がよく出来ているので、何かしらの効果を求めない限りは変更する必要がない場合が多いと思うが、社外が入っているのだろうか?

「リアはロアアーム変えないとキャンバーが付かないんで変えてます。フロントはピロだけでなく少し加工してキャンバー付けてます」

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

DTM時代のウイング

リアウイングをよく見ると、スポイラーと一体型になっている事に気がついた。非常に珍しい形状だ。

「これ当時のDTMでBMが走ってた時に販売されてた、当時物のリアっパネなんですよ。CLASS2っていう激レア物みたいで」
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

「僕もそこまで勉強してないんですけど、たぶんレースをしてない時は、このカラーにあたる部分を取るんです。で、カラーなしでも付くんですよね。普段は低くして乗って、レースする時はカラーを付けて高くして走るみたいです。これいいですよね。僕のは同色だったんで、クロコダイル柄のラッピングシートが貼ってあります」

これは面白い発想だ。ようは二分割できるようになっていて高さを調整できるようになっている。

ディフューザー

「これはちゃんと36用なんです。ロシアのディフューザーで、FANCYWIDE。新品だと文字が白なんですけど」

「いろんな車種出てるみたいなんですけど、BMWが多くて型式も36、46、90、Z4とか色々出てて、本当はバンパーにピッチリ付く感じなんですけど、僕はカラーを入れて低めに付けてるんですよ」
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

この長めのカラーがリアから見ると、アクセントになっており計算か、あるいは偶然かは聞かなかったが、決してレーシーすぎずBMWというベースを考えてもバランスが取れている。

サイドのディフューザーは得意の流用加工だ。

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

「E87用のサイドディフューザーというか。友達が持ってて余ってたから、これもつくんじゃねって感じで。ブルーになってるところは、カッティングシートなんですよ。たまたまハチマキと同じ色があったんで。ミラーはオークションで1万円です(笑)ボンネットはこの前事故るまでVARISのいいやつ付いてたんですけど、今は知り合いから譲ってもらった安いやつですね(笑)」

豊富なアフターパーツ

純正部品には高価な物もあるが、アフターパーツが豊富でひょっとすると国産よりも出回っているかもしれない。

「世界的にはドリフトやグリップのベースとして使われてるみたいで、ネットとか見てると、けっこう足回りとかキレ角アップのナックルが出てたりしますね」
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ロイネーさんの場合、車両も安く手に入れていて、DIYで仕上げている。アフターパーツもミラーやテールレンズなども、数万円で購入しており、とにかく賢い選択をしている印象だ。

「バンパーは純正に穴開けてますね。フォグのカバーも本来は、そういうの出てるんですけど、カバー風にすればいいやと思って、上からカッティングシート貼ってるだけです。ライトはシールですね」

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

国産パーツ使い

クラッチはOS技研のシングル。燃料系は35GTRの燃料ポンプとインジェクター。給排気はHKSのインタークーラー (HCR33流用)、ワンオフのフロントパイプにアペックスのN1マフラーを流用。HKSパワーフロー、BLITZブローオフと国産パーツを上手く使いこなしている。
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

これでエンジンブローやトラブルが出ていないのは、BMWという素性良さゆえか、メンテナンスが行き届いているのか確かめる術はないが、しいて言うならタービンがそろそろ交換時期かもしれないという程度らしい。
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

これはB16という1800ccのエンジンを、ボルトオンで300馬力まで引き出した上での話である。推測の域ではあるが元々余力を持ったクルマと考えていいだろう。

エンジン

タービンやパイピングを見るとレイアウト的になかなか厳しそうではあるが、金プロで制御されており、フロントミッドシップなエンジンの配置、クイックなステアリングを考えると、とてつもなくコーナーを楽しめそうなマシンだ。
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

「インタークーラーはHKSですね。スペース的にギリギリなんですけど、バンパーを切ったりして。まぁでもそれは国産車も一緒ですよね。燃料ポンプとインジェクターはGTR35の純正ですね。タワーバーは東京にあるサンライズブルーバードから出てたやつなんですけど、それを塗ってます」

メンテナンス

細かい話だが、筆者がBMWを見ていてうらやましいと思う“カプラー”。国産だと経年劣化により、なかなか外れなかったりする事が多いが、BMWはカプラーのカバーをくるくると回すだけで外れてしまう。
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

また、ヒューズボックスも開けると一目で、切れてるかどうかが目視できるのがうらやましい限りである。

M3との見分け方

室内はドンガラ状態で、ブリッドが2脚にブースト、排気、水温、油圧、油温メーターとレーシーな雰囲気だ。ちなみにM3との見分け方は、サイドのエンブレムだけでなく、M3の場合純正メーターが赤い針で、isは白だそうだ。
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

「あとは、マフラーが純正だと2本出しで、isとかだと、だいたい1本で。フェンダーも46くらいから違うじゃないですか?M3になるとワイドボディって感じですけど、36まではそういう差もなかったので、見分け方も難しいですね」

ドリフト

先日、関東で行われたLOWSTARSでドリフトをしていたが、車両の特性上やはり回りやすかったりしたのだろうか?

「ですね。で、結局BMだからボディ剛性すごくいいじゃないですか?だから粘るまでは、すごい粘るんですよ。で、出る時はスコンって出るんで、それをコントロールするのが難しいですね」

ただ、久しぶりに走って本人はすごく楽しんだようで、今後も走りたいようだった。
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

視野の広さ

ロイネーさんのカスタムは、現在の環境で出来る事とその中で表現できる理想の形を上手く表現できていると思う。

「何かに特化してる訳ではなく、自分の好きなようにいじってる感じですね」

という言葉通りだが、筆者が付け加えるとするなら視野が広く、独創性を持っているというところだ。
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

愛車との出会い

うだるような暑さの中、インタビューも終盤を迎え、日陰を探しながら話した時に、ロイネーさんの嬉しそうな表情が印象的だった。

それはE36の良さについての会話。評判通りいいクルマですか?という質問だった。
ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

ターボ化されたE36!!BMW318isに国産タービンを載せてドリフト!!

「はい、めちゃくちゃいいですね。今まで乗ってたクルマと比べられないくらいですね(笑)普通に街乗りしてても、サーキット走ってても。なんでしょうね、クイックだし、曲がるし、止まるし、乗っててすごくワクワクするクルマなんですよこれ。こんなクルマがあったんだっていうくらいですね」

Share this Article
This article has been shared on Facebook 524 times.
mozeのミサイルマン