StreetChic > Shops > 専門店 > [前編] シトロエンのDS3R3がとんでもない!!全日本ラリー参戦、MATEX-AQTECラリーチームのマシン、R車両のマネージメントシステムを見せてもらった

[前編] シトロエンのDS3R3がとんでもない!!全日本ラリー参戦、MATEX-AQTECラリーチームのマシン、R車両のマネージメントシステムを見せてもらった

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト
場所は茨城県にあるフェイスクラフト。ここはドライバー兼メカニックの石崎さんが代表を務めるショップで、一般車両の整備から競技車両のチューニングまで行う。

今回は、2017年JAF全日本ラリー選手権に出場しているシトロエンのR車両(レースのカテゴリー)と、フェイスクラフト中心にお伝えしたい。

シトロエンDS3R3

シトロエンのDS3R3。DS3は市販車だが、R3というのはレース仕様のパッケージで、おそらく日本に2台ほどしか入ってきていないという非常に珍しい車両。本国では手造りで製作されているという。詳しい説明をする前に、シトロエン・レーシングがどういった車両を造っているのか?まずはこちらのPVを見てほしい。

マネージメントシステム

国内メーカーも、車種によってはレースベース車両を販売しているが、DS3R3はレースに勝つために造られたような車両。シトロエン・レーシングが本気で造り込んだ車両との事で、とんでもない内容になっている。それは、上記の洗練されたC3のPVでも垣間見える。

「R車両の主な特徴としては、マレリ(マニェーティ・マレッリ)のECUと、マネージメントシステム。エンジンだけじゃなくて、このクルマを管理してくれるシステムが搭載されています」

マネージメントシステムとは、例えば、イグニッションからハザード、水温、油温はもちろんの事、ガソリンの噴射量、消費量、ブレーキバランサーの配分などクルマに関するインフォメーション、コントロール機構をセンターのコンソールボックスに、すべて集約している。
シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト
車両の配線が、市販車と異なり一つにまとまっていることにより、コンソールボックスで様々な操作ができるようになっているという訳。

これには様々な用途があり、例えばブレーキバランサー。下記の写真に見えるツマミを回すと、ブレーキの効きの前後バランスを調整できるのだが、その配分は数値によってモニターに表示される。その結果、感覚ではなく数値で正確なデータに基づいたセットアップができる。
シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト
その他、パドルシフトのインジケーターなどもモニターに表示されたり、その操作を見ているだけで楽しくなってしまう。

チームとKYBが独自開発したサスペンション

そんなR車両(ラリーのカテゴリー)だが、日本のラリー大会で走らせる為に足回りを変更したという。

「R車両というのは、本来パッケージされた商品なんですけど、全日本ラリーを走るために、レギュレーションによる変更がされています。それが、KYBのサスペンションとENDLESSのブレーキ。その他に変えた所というと、レカロのシートですね」
シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

「エンジンも手は加えてあるんですけども、勝手に手を加えることはできなくて。これはシトロエンレーシングっていうのが、ある程度チューニングされた状態でコンプリートしている。だから、勝手にエンジン分解して、ポート磨いたり加工したりはできないんです」

サスペンションは、MATEX-AQTEC RALLY TEAMとKYB(昔はカヤバと呼んでいたが、現在はケーワイビー)がこの車両を使って独自開発したそうだ。走る際やテストの時は、KYBのエンジニアが来て、調整をしているという。
シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト
エンジンをかけてもらうと、大型バイクを数台集めたような音で、さらにパドルシフトでシフトチェンジしてもらうと、WRCで聞いた事のある「キーン、ガタン」というレーシーなサウンドを聞くことができた。

ラリーを始めるきっかけ

「今シーズンにおいては、MATEX-AQTEC RALLY TEAMの全日本ラリー参戦のサポート活動をしています。全日本ラリーは全部で9戦あるんですけども、あのクルマ(シトロエンのR車両)は8戦エントリーしてるんで、私がマネージメントして、現地の車両メンテナンスだとか、作戦立てたりしてます」
シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

石崎さんは、今年MATEX-AQTEC RALLY TEAMにメカニックとしてサポート業務を行っているが、ドライバーとしても、走ればとんでもなく速い人物で、事務所にはトロフィーが多数置かれている。

ラリーというと一般人にはWRCの認知度が高いと思うが、国内のラリーについては、あまり情報が入ってこないように思う。それは間口が狭いのか、あるいは閉鎖的なシーンなのか。
シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト
しかし、ラリーに興味を抱いている人は少なくないはず。まずは石崎さんがラリーを始めるきっかけについて聞いてみた。

「二十歳くらいで始めたから、比較的早いほうだと思うんです。その頃は地元のタイヤショップに努めていて、そこに来てるお客さんの中に、たまたまラリーやってる方がいて、自分も興味があったんで、その人に連れられてチームに入ってみて。当初はダートラやりたかったんですけど、ラリーを始めてみて面白いなと思うようになって」
シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

ラリーの面白いところ

筆者もトミマキやカンクネンの走りとマシンを見て、ずいぶん憧れた。グラベルで物凄い土埃をあげて走る姿から、ターマックのヘアピンでリアを滑らしながら走る姿。しかし、見るのと実際に走る人との違いはあるのかもしれない。石崎さんにラリーに惹かれた理由を教えてもらった。

「市販車で色んな事が出来る訳ですよ。雪の中走ったり、アスファルト走ったり、ダート走ったり。一台のクルマで色んな所を走る訳で、そういうモータースポーツって他にないんですよ。ラリーだけですよね」
シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト
「それで、ドライバーがいて、コ・ドライバーがいて、全く知らない道でもペースノートを読んでもらって。耳から得た情報で、頭でイメージして走る。それが独特な面白さですね」

開業

「ずっとドライバーやってて、それで自分の中で、これだけモータースポーツに関わってるんだから、それを仕事にしようと思うようになったのが20代半ばくらい。それから東京に出て修行をして。ただ、そこが居心地が良くてですね(笑)14年以上居させてもらって。実際は14年以上もいると、もう独立しようとは思えなかったんですけど、実家がこっちなんで帰らないといけない事情があって。で、帰るならダメもとで、一回お店開いてみようと思ったら、思いの外仕事をもらえたんです(笑)それから10年以上になりますね」
シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト
フェイスクラフトは、一般車両と競技車両が半々くらいで、どちらかに偏るわけではなく、車種も決めているわけではないらしい。

一般整備から競技車両まで

場内には、一般車からラリーカー、シルビアのようなドリフト車まで置かれている。最近ではラリー車以外にも、こんなクルマを造ったそうだ。

「32GTRのグループAみたなクルマも造りましたよ。最初はボロボロだった状態をドンガラにして、ほぼレストアに近いですけど、ロールケージを組んで、塗り直して、スポット増しして」
シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト
「R32、シルビアとか、ニッサン系はペラペラなんで、弱いところ当て板して、昔のグループAより点数多いですよ。乗ったらビックリするくらいシャキッとしてますよ」

なにせ、走っても速い。勝てるマシンを造れる。それだけに、バルクヘッド貫通ロールケージなど、レース活動で得た知識や経験をクルマ造りにフィードバックしてくれるので、マニアな方にはたまらないショップである。
シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト

シトロエンのDS3R3、茨城県フェイスクラフト
現在は、全日本ラリーに参戦中との事だが、ラリー北海道では優勝された(2017年のJN-5クラスDr./Co-Dr.シリーズチャンピオン獲得)との事で、現在進行系で活躍中である。

次回は、フェイスクラフトのGRBインプレッサについてお伝えしたいと思う。

Faith Craft(フェイスクラフト)

〒309-1705 茨城県笠間市東平4-7-50
営業時間:10:00〜20:00(日曜・祭日は10:00〜18:00)
定休日:不定休(レース開催日)のため、ご来店の際はお電話下さい。

TEL:0296-78-5260
FAX:0296-78-9852

お徳なキャンペーン!!

ご来店の際に「ストリートシック見た」とお伝えしていただければ
お一人様一枚、ステッカープレゼント!!
※本キャンペーンは、時期またはお店の都合により終了させていただく場合がございます。予めご了承ください。
Written by: Maruyama
Share this Article
This article has been shared on Facebook 413 times.