StreetChic > ともたつ > Blog > 機材紹介 ~レンズ編その2~
Photo Curator
クルマと人、ドリフト撮影を得意とするPhotographer
Chiba

機材紹介 ~レンズ編その2~

2018年8月29日 Category: Blog

こんばんはっ

えー、めっちゃご無沙汰しております。笑
まともに更新もしておらず気まますぎる投稿ですが、ご覧頂き誠に有難う御座います。
前回の「レンズ編その1」から4ヶ月経っております。(笑)

そう言えば、更新が滞っている間に手持ちのレンズの入れ替えがありました(笑)
そこら辺も追って触れて行きたいとおんもいますっ!

では今回はとてもとても大事なエースレンズから!(笑)


一番大事なレンズ
EF300mm F2.8L IS II USM

Canon EOS 5D Mark3、EF300mm F2.8L IS II USM、300mm、1/125sec、F4.0、ISO50

言わずとしれたサンニッパ。Canonの最高性能のレンズの1本。購入を決めた時は正気では無かったように思いますが、とてもお気に入りのメインレンズです。
スペック上ではそこそこ重量があるように見えますが、実際使ってみると意外と取り回しも良く大抵手持ちで使っております。AFスピードはめちゃくちゃ速く正確だし映りも申し分ない。背面液晶で確認するだけでとても興奮します。
私が主としている撮影はミニサーキットでのドリフトです。比較的コースの近くから撮影する事もできるので300㎜にしました(400㎜が買えないからもある笑)。フルサイズで300㎜、APS-Cで換算480㎜、これに1.4倍テレコンを装着でそれぞれ420㎜、670㎜と比較的広範囲をカバーできるなと考えました。今のところは1.4倍テレコンを必要とする場面は無いのですが、国際サーキットなんかでは欲しくなるかもしれません。
因みにこのくらいの大口径レンズでは、撮り方次第ではAPS-Cでも十分にボケます。なんならF4くらいまで絞っても背景ボケを楽しめます。

とても高い出費でしたが、後悔は一切ありません。非常に満足度が高く気に入っております。
でこの高性能レンズに病みつきになり、今は200-400F4なんてレンズを使ってみたいなーとか思うようになってしまいました(笑)やっぱりズームが欲しい(笑)

Canon EOS 5D Mark3、EF300mm F2.8L IS II USM、300mm、1/320sec、F2.8、ISO50


走行写真専用レンズ
Canon EF24-70mm F4L IS USM

Canon EOS 5D Mark3、EF24-70mm F4L IS USM、26mm、1/6sec、F4.5、ISO800

このレンズは手振れ補正が付いているので、スローシャッターを必要とする際に重宝しております。主に走行写真の撮影の時に使用しております。しかし走行写真を撮る機会も多くは無いので、そろそろ手放してしまおうか、と悩んでおります(笑)手振れ補正の無いレンズでも頑張れば撮れるだろうと考えておりますが、まだ試せておりません。(笑)
F2.8ズームと比べて小さく軽かったり、マクロ撮影も可能だったり、写りも十二分。私程度には非常にいいレンズだと感じております。ただ、F2.8の方がやっぱり総合点は高くて使いやすいです。手振れは気合いで何とかできますが、明るさはどうにもならないですからね(笑)因みに、手振れ補正無くも一段分早いシャッターを切れるだけで被写体ブレも軽減できたり、イイ面も多いと思います。(単焦点の方がもっといいですが笑)
そうそう、たまに手振れ補正無しのレンズを使っていて大丈夫なのかと心配されますが、撮影結果を確認する癖があれば基本的に問題無いです。ブレたら撮りなおしです(笑)勿論そうはいかない場合もありますが、それはシャッタースピードとISOで調整です。慣れると自分の限界のシャッタースピードを意識するようになると思います。

Canon EOS 5D Mark3、EF24-70mm F4L IS USM、30mm、1/15sec、F4.0、ISO1600


値段を考えればまぁ。
EF50mm F1.8 II

Canon EOS 5D Mark3、EF50mm F1.8 II、50mm、1/8000sec、F1.8、ISO100

旧型の撒き餌レンズです。ぶっちゃけ他の使用してるレンズが良すぎて比較にならいです(笑)勿論値段も全然違うのですが。最近はめっきり使用頻度も減ったのですが、偶に使うとカメラの背面液晶見てアレッとなる事が多々あります(笑)色乗りも悪く感じるし、開放では解像感も無くなんかマッタリモッタリした写真になるイメージです(笑)
とまぁだいぶディスりましたが、軽いしコンパクトだし、絞ればしっかり写るし、値段を考えれば十分魅力的なレンズです。ただ私にはクセが強く、少し使いにくさを感じました。
私はあまりこのレンズを使う事が無いし、レンズの良し悪しが極端すぎるしでこのレビューは終わります(笑)
因みに購入動機は安くて開放1.8が楽しめるって事でした(笑)車撮影以外でお散歩のお供とかですと良い点多いかなと感じます。


今回は3本の紹介でした。
どちらかと言うと使用目的や場面がハッキリしたレンズですね。なので常に必要となる訳では無いのですが、用途別に使い分けております。

標準F4ズームは持て余してる感あるので、Canonから24-70F2.8の手振れ補正付きが出てくれないかなぁと願っております(笑)
シグマやタムロンの手振れ補正付きF2.8も評価も良く魅力を感じるのですが、使用頻度が高いメインのレンズは純正が欲しいなぁと小さな拘りです(笑)

とまぁ、ここら辺は今後も入れ替えたりしながら自分に合うレンズを探して行きたいと思います。

実は前回から今回までの間に1本減り2本増えました(笑)
なので次回「レンズ編その3」にて超広角レンズと撒き餌レンズに変わる50㎜単焦点を紹介したいと思います。
今度はなるべく早く出したいと思います(期待薄)

では、最後までご覧頂き有難う御座いました(^^)/
それではっ

BCRACINGの車高調
Categories
mozeのオーバーフェンダー