StreetChic > Dai > Blog > Chillout2018 in YAMAGATA
Photo Curator
栃木県を拠点にカスタムカーの写真を撮っているDc photographyのdai
Tochigi

Chillout2018 in YAMAGATA

2018年12月26日 Category: Blog

みなさんこんにちは!
今年の夏からstreetchicでカメラマンをやらせて頂いているDaiといいます!
まずは簡単に自己紹介をさせて下さい。
栃木県を拠点にstance系カスタムカーの写真を撮っています。
車だけでなく愛猫や風景の写真も撮ります。
愛猫は機会があればお見せしますね♪
御縁がありstreetchicのcrewにお誘い頂いたので、
かっこいい写真を撮って行きたいと思います!
みなさん、これからよろしくお願いします!
個人で【Dc photography】としても撮った写真を
Twitterやインスタグラムに載せているのでチェックして貰えたら嬉しいです♪
また、下の写真のような
ロゴ入りのパーカーを着ていることが多いので気軽に話しかけて下さい!

Event Report

さて、初投稿となる今回は
完全招待制イベントに行ってきたお話をしようと思います!

10/14(sun)に山形県某所で行われた完全招待制イベント

Chillout

なんと言っても驚きなのはこのイベントの主催者は一般の方!
ショップやチームが主催のイベントは最近よく耳にすると思いますが、
一般の仲の良いメンバーが集まりイベントを開催することになったのだそうです。
後ほど、主催の方へのインタビュー内容も書いていくので最後まで是非読んで下さいね。
今回私は、このイベントの公式カメラマンのお誘いを受け参加して来ました。

招待制のイベントということで、マナーもよく非常に素敵なイベントだと感じました。
今後はこのような招待制のイベントが増えて行くと思うので、
そのメリットを多く感じるきっかけにもなったのではないでしょうか。
また、ロケーションも山形県某スキー場のオフシーズンを利用していて
大自然に囲まれたとても雰囲気の良い場所だったと思います。
その他にも、イベントならではのコーラ早飲み大会が行われたり
焼きそばと山形名物『 芋煮 』の出店がありました。
私はこの日初めて芋煮を食べましたが非常に美味しかったです。
山形へ行った際には是非食べてみて下さい!

参加台数は約100台でジャンルは様々なかっこ良い車達が集まり、
参加者の人たちは交流したり写真を撮ったり思い思いの時間を過ごしていました。
北は青森から南は神奈川まで様々な地域から参加してくれていて、
主催者たちの交友関係の良さも分かるような気がしました。
また、車好きの輪が広がる機会として非常に良いと感じる光景がチラホラと。
共通の友人を介し、新たな友人の輪が出来上がっているシーンを何度も目にしました。
アットホームな雰囲気と参加者が招待者だけだからこそ、
人と人とを繋げる場所を提供出来ていたように思います。

ここで私が撮った参加車両の写真を少しお見せします。
全台載せることが出来ず、ごく一部になってしまいごめんなさい。

そして、イベント参加者なら誰もが一度は経験したいと思うのがアワードの受賞ですよね。
とても個人主催のイベントとは思えないクオリティのトロフィーが送られました。
このトロフィーは、何を隠そう本物のBBSのリム・ピアスボルトを使用して造られています!
ディスク部にはレーザーカットされたchilloutのロゴとアワードの文字が。
アワードを受賞した3名の方たちにとって特別なトロフィーになること間違いなしのクオリティでした。

最後に、なかなか聞くことがない運営サイドの声を私がインタビューさせて頂いたので
皆さんにお届けしたいと思います。
このイベントに興味を持って頂く機会になればとても嬉しいです。
今回載せきれなかったイベントで撮影した写真は、
私のインスタグラムかTwitterのchillout公式アカウントに載せていますので
是非チェックして見て下さい!!

主催者の想い

Chillout発起人であるPさんはこう語る
『stancenation TOKYOが12月に延期となり、東北勢はエントリーを諦めざるを得なくなった。
 だったら自分たちで何かやってやろうという気持ちで企画をした。
 予想を遥かに超える人達に集まって貰えて発起人である自分が一番驚き、嬉しくもあった。』
また、イベントスタッフの指揮を取ったFさんも
『ただのミーティングではなく、イベント形式での企画を選んだ。
 折角、自分たちの想いに応え参加してくれる人達に楽しんで貰いたくて
 特別なトロフィーの製作や音響さんの手配をスタッフの繋がりを活用し行った。』
と、熱い想いを語ってくれました。
私自身、東北勢とは仲良くさせて貰っていますが人柄が良く
仲の良さを肌で感じることのできるコミュニティだと常々思っていました。
その人柄と人脈が今回のChilloutを成功に導くことが出来たのだと思います。
更に2人が口を揃えて、
『わざわざ遠い山形までイベントに参加するために来てくれた参加者の人たちには感謝している。
 開催させて貰った自分たちが誰よりも一番楽しんでいた気がする。
 数少ない地元発信のイベントなので、来年も是非開催していきたい。
 今回至らなかった点をふまえ、第2回目は更に良いイベントに出来るよう、
 次回に期待してくれている方々に応えられるよう企画・運営していきたい。
 【Chillout】の名前の通り、゛ゆるーくまったり゛をコンセプトに。』
と、第2回目開催への意気込みも十分のようです。
イベントの主催側が楽しんでいるイベントは、参加する側も非常に楽しいのではないでしょうか。
今回、私は公式カメラマンとしてお呼び頂き参加したわけですが本当に楽しいイベントであったと思います。
是非次回も声掛けて貰えると良いなーっと密かに思っていたりします(笑)
このように、イベントやミーティングの主催者たちは並々ならぬ想いと努力をして理想を形にしています。
だからこそ、参加者である我々は最低限のマナーと主催者側への配慮をしなくてはならないと思います。
主催者と参加者の良好な関係こそが、楽しいイベント造りへと繋がることを忘れていけませんよ♪

記念すべき私の初投稿となるイベントレポートはこれで終わりになりますが、
読者の皆さんいかがでしたでしょうか??
記事を書いたりするのは不慣れで読みにくい部分もあったかと思いますが、
これから時折投稿すると思いますので楽しみにしてて下さい(笑)
では、またstreetchicでお会いしましょう!
最後までご覧頂きありがとうございました☆

ストリートシックのショップ
Categories
mozeのオーバーフェンダー